AnGes

JP EN

遺伝子医薬のグローバルリーダーを目指してAiming to be a global leader in genetic medicine アンジェスとは

Investor RelationsIR情報

アンジェス株式会社の企業・IRページです。

続きを見る

FAQよくあるご質問

当社に関して、よくお問い合わせいただく質問と回答をまとめております。

続きを見る

Public Relations Blog広報ブログ

2022.01.05
広報から新年のご挨拶と山田社長へのインタビュー
謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。 新年最初のブログは、私たち広報チームから山田社長へのインタビューとなります。 本年もアンジェスをどうぞよろしくお願いいたします。 広報Q:2021年は「実(じつ)」の年にしていきたいとお話されておりましたが、 昨年1年間を振り返っていかがでしたでしょうか? 山田社長A:2021年初めに掲げた「実(じつ)」に向けて、 (1)新型コロナウイルスのワクチン/治療薬、(2)HGFの国内本承認に向けた市販後調査/適応拡大に向けた第III相臨床試験/米国での後期第II相臨床試験、(3)NF-kB(腰痛症)の後期第I相臨床試験、(4)高血圧DNAワクチン、さらには、(5)ゲノム編集の具体的なプロジェクト化など、それぞれのプロジェクトにおいて、社員一丸となり尽力してまいりましたが、皆様にお知らせするには、想定していたよりも時間を要してしまいました。 日頃より弊社をご支援いただいている株主の皆さまをはじめ、各プロジェクトでご協力いただいている研究機関の皆様やその他関係者の皆様、そのご家族の皆様、そして弊社従業員を含めてアンジェスという一つの企業体として考えると、実りある年にすべく共に耐えていただいた、そういう一年だったのではないかと考えてございます。 広報Q:2022年は、漢字一文字で表すと、どんな年にしていきたいですか? 山田社長A:ひと言で申しますと、「進」ではないでしょうか。 現在進めております、各プロジェクトの研究開発を着実に前「進」・「進」化させていく所存です。 また、本年は会社全体の戦略として新しい展開を考える一つの大きなタイミングと捉えております。アンジェスが、これからますます発展し、進化していく端緒になる年にしていきたいと考えております。本年も引き続き、皆様のお力添えをお願いしたく存じます。
2021.12.28
年末年始の営業についてのお知らせ
2021.12.20
EmendoBioのゲノム編集技術について【第5回】-最終回-新規ゲノム編集ツールの探索技術:OMNI プラットフォーム
2021.12.13
EmendoBioのゲノム編集技術について【第4回】有害機能を獲得した遺伝子を確実に削除するためのゲノム編集戦略
一覧を見る
お問い合わせはこちら