AnGes

JP EN

about AnGesアンジェスとは

遺伝子医薬の
グローバルリーダーを目指して

1999年12月、HGF(肝細胞増殖因子)遺伝子の血管を新生する作用を応用した医薬品開発を目指して、アンジェス(AnGes)は創業しました。血管新生を意味する英語名Angiogenesisがきっかけで、また難病などでこれまでにない新しい医薬品を届けるAnge(仏語で天使)でありたいという思いからAnGesの名前が誕生しました。その思いは、創業者も社員もいつも変わらず抱いています。

血管新生という治療の概念はそのころはまだ「これまでにない」治療法でした。そして様々な挑戦と苦労を経て、20年という歳月をかけて2019年9⽉、世界初となる血管を新生する遺伝子治療用製品、そして世界初となるプラスミドDNA技術を⽤いた遺伝⼦治療⽤製品として、承認・薬価収載を経て販売に⾄りました。

新薬開発の成功確率が2万5千分の1といわれますが、国内のバイオベンチャーで⾃社品を初めて上市させた実績は、我々に大きな自信とさらなる勇気を与えてくれました。そして、それと同時に大事な使命と感じるのは海外で苦しんでおられる患者さんへの思い、その適用です。海外の患者さんの数は圧倒的に日本を上回ります。世界中の虚血性疾患の患者さんに是非とも届けたいと思います。

そして、我々に与えられた課題は、長い間目指してきた難病や稀少疾患の治療薬の実現です。世界では創薬の領域においてもAIの技術やヘルスケアのDX(デジタルトランスフォーメーション)が導入され、以前にもましてその開発の思考が広がり、それに要する時間は短縮される可能性があります。それでも現実の難病や希少疾患は世界中で数千疾患といわれています。

我々は、これからも「遺伝子医薬のグローバルリーダー」を目指し、当社の遺伝子医薬の技術を駆使し、新薬を望んでおられる患者さんやそのご家族、ステークホルダーの皆様、社会一般の方々のご期待に応えるべく前進して参りたいと考えております。

日頃のご愛顧に厚く御礼申し上げますとともに、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2022年 1月 

代表取締役社長山田 英

Values企業理念

Mission事業目的

Business Area事業領域

Business Modelビジネスモデル

Company Profile会社概要、社名の由来

Board of Directors役員一覧

Locations拠点

History沿革

Alliance Statusアライアンス(提携状況)

お問い合わせはこちら