2020
02/21

HGF遺伝子治療薬コラテジェンに関する森下 竜一教授の対談記事が掲載されました

2月20日発行の「臨牀と研究・97巻2号」(大道学館出版)にて、森下 竜一氏(大阪大学臨床遺伝子治療学教授)と杉町 圭蔵氏(遠賀中間医師会おんが病院・おかがき病院統括院長・「臨牀と研究」編集委員)による、『重症虚血肢に対する世界で最初の遺伝子治療薬を開発して』というテーマの対談記事が掲載されました。

対談では、

〇コラテジェン開発のきっかけ 〇遺伝子治療薬の臨床応用 〇コラテジェンの治療の対象 〇コラテジェンの3つの特徴 〇開発費の償還は? 〇治療効果はどれぐらいで? 〇有効率は? 〇夢の治療

などについて触れています。

 

ご興味ある方は、こちらからご覧ください。(会員登録が必要です)

■「臨牀と研究」(大道学館出版)

https://www.doctor-info.net/

HOME
ABOUT AnGes

AnGes 広報BLOGについて
アンジェス株式会社の広報担当が、会社の活動や関連情報をお知らせするブログです。
アンジェスのホームページはこちら

rss  このブログのRSSを購読する