JP / EN

開発プロジェクト

主な提携先

アライアンス

当社は「遺伝子医薬のグローバルイノベーター」を目指し、当社の製品戦略に沿った有望シーズ(創薬開発の種となる特許や技術)の取得と医薬品開発のための提携を最重点の戦略と位置づけています。現在までの実績として、国内大学からいくつかの有望シーズを導入し、以下の戦略的提携を結んでいます。

当社は遺伝子治療、核酸医薬を含む遺伝子医薬の先端領域を技術フランチャイズとし、世界をリードして研究開発を進めて参りました。その結果、これまでに当社は、遺伝子医薬の領域で多様な研究開発ノウハウ、技術ノウハウを蓄積しており、今後もこの知的財産を活用し、画期的な新薬の開発、新たな技術の開拓を進めて参ります。

主な提携先

塩野義製薬株式会社

NF-κBデコイオリゴを用いた外用剤に関して皮膚疾患適応を対象に全世界における独占的な販売について提携しています。

田辺三菱製薬株式会社

末梢性血管疾患(PAD)を対象としたHGF遺伝子治療薬の、米国および国内における独占的な販売について提携しています。

BioMarin Pharmaceutical Inc.(バイオマリン、米国)

ムコ多糖症 VI 型治療薬Naglazyme®の国内での独占的販売権を取得しています。

BioLeaders Corporation(バイオリーダース、韓国)

子宮頸部上皮内腫瘍性病変(CIN)の治療ワクチン(CIN治療ワクチン)について、国内外の独占的な開発、製造、使用および販売権を取得しています。

Vical, Inc.(バイカル、米国)

戦略的事業提携を締結し、DNAワクチン分野を中心に広範な事業協力を進めて行くことで合意しています。

遺伝子治療とは