AnGes

AnGes,Inc. 遺伝子医薬のグローバルリーディングカンパニー

Select Language

ナビゲーション

当社の特徴

(1)事業の目的

バイオベンチャー企業である当社は、革新的な医薬品の実用化を目指し、遺伝子医薬などの次世代バイオ医薬に関する研究開発を中核とした事業を展開しています。「遺伝子医薬」とは、遺伝子の働きを利用した新しいタイプのバイオ医薬品です。遺伝子医薬には、既存の治療法では得られない画期的な治療効果が期待できる遺伝子治療薬や、デコイオリゴやRNAiなど治療標的に高い特異性を発揮する核酸医薬などが含まれます。
また、DNAプラスミドを用いた次世代のバイオ技術として、治療ワクチンの開発にも取り組んでいます。
このように当社は、遺伝子医薬や治療ワクチンといった次世代バイオ医薬を創製する先端技術を基盤に、治療法がない疾病分野や難病、希少病などを対象にした革新的な医薬品の開発を通じて、国民生活や医療水準の向上に貢献することを目標としており、そのためにも国際的に通用する革新的な医薬品を少しでも早く患者様にお届けすることを目指しています。

(2)事業領域

第一に、主に対象とする疾患領域は、現在の治療で満足な効果が得られていない難治性の疾患です。例えば動脈硬化に代表される生活習慣病は、食生活の変化などを背景に世界的に広がりを見せており、生活習慣病の克服は今世紀に人類が直面する最重要課題の一つとさえ言えます。この分野で有効な治療薬を開発することは製薬企業として担うべき重要な社会的使命であると同時に、事業面から見ても大きな需要が見込めます。例えば、閉塞性動脈硬化症の重症疾患である重症虚血肢には有効な薬物療法はないため、症状が進むと血管のバイパス手術か足の切断しか選択肢がないという状況です。また、難治性のガンや患者さんの少ない稀少疾患の分野でも、根本的な治療法が待ち望まれています。当社では、このように医療上の必要性が高いにも関わらず有効な治療薬の開発が進んでいない、いわゆるアンメット・メディカルニーズ(unmet medical needs)の高い疾患を対象とします。

第二に、我々の強みは遺伝子医薬の研究開発力にあります。遺伝子医薬とは遺伝子治療や核酸医薬(デコイオリゴ、アンチセンスDNA、siRNAなど)など遺伝子の力を用いて治療する医薬品を指します。当社はこれら次世代のバイオ医薬である遺伝子医薬の開発に重点を置いており、特に当社の創業者である森下教授が発見したHGF遺伝子治療薬は、血管の再生という画期的な薬効を発揮し、足の血流が極度に悪化する重症虚血肢を対象に臨床開発の最終段階に入っています。一方、核酸医薬「NF-kBデコイオリゴ」の開発では、アトピー性皮膚炎を対象とした外用薬の開発、椎間板変性を伴う腰痛症を対象とした医薬品の開発などに活用されるなど、当社は遺伝子医薬品のプロジェクトを中心とした開発パイプラインを保有しています。

第三に、近年、抗体医薬に続く新たなバイオ医薬品として注目され、大手製薬企業が開発を進める医薬品にワクチンがあります。ワクチンはこれまで主に感染症の予防目的に使われてきましたが、当社は、ワクチンのうち「治療ワクチン」と呼ばれる新しいタイプの医薬品開発を進めています。具体的には、遺伝子医薬であるDNAプラスミドを活用したDNAワクチンとして、大阪大学との共同研究において高血圧に有効な新規治療DNAワクチンを見出し、現在、開発を進めております。また、DNAワクチンとは別の技術として、乳酸菌に病原体の表面たんぱく質を遺伝子組換え技術で発現させた経口可能な治療ワクチンを開発しています。この治療ワクチン(CIN治療ワクチン)は、子宮頸部の高度異形成を消失させ、子宮頸がんへの移行を回避できる画期的な治療ワクチンとして期待されます。

ページの上部へ

  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 開発プロジェクト
  • 株主・投資家情報
  • 医療関係者の皆様
  • 一般・患者の皆様
  • ホームサイトマッププライバシーポリシーサイトポリシーお問い合わせ
  • Copyright© AnGes, Inc. All Rights Reserved.